安否確認で社員を守る【社員を守護するガーディアンシステム】

家族からのメッセージ

システム

地震に備えるには安否確認システムが役立ちます。このシステムは社員の安全を確認するだけでなく、社員の家族も利用することが出来ます。そのため、出張で家族を残してきた方も安心です。

詳しくはこちら

訓練結果のレポート

システム

安否確認システムは登録の際に入会金と月額費を払うことになります。入会金は多少値が張りますが、月額費は安いので安心して登録することが出来ます。また、オプション機能が備わっていて、自動で情報を提供してくれます。

詳しくはこちら

システム

自然災害に備える

システム

日本は災害が起きやすい国となっていて、地震や台風などの自然災害が頻繁に起きます。そのため、企業も大切な社員を守るために安否確認システムを導入して災害に対策しています。

詳しくはこちら

的確な指示

いつ起こるのかわからない災害時に安否確認が出来たら便利ですよね。こちらのシステムを導入することでそれが可能になりますよ。

業務効率の向上のために会計システムを導入するならコチラの製品がおすすめです。ルーチンワークを自動化してくれるのも魅力ですよ。

システム

最近の企業はどこも多くの社員を雇っているので、社員のために色々な努力をしています。例えば、社員食堂を設置したり、社員寮を設置したりなど様々ですが、企業は社員がいることで成り立っているので、社員を大切にすることは当たり前のことです。さらに、最近では緊急時のために安否確認システムを導入する企業が増えてきました。このシステムは、地震や台風などの災害時に社員の安否を確認するシステムとなっています。社員の安全を確認することで、企業側は安心することが出来ます。連絡方法も多彩で、携帯電話やパソコンのメールなどで連絡を取るので、どのような状況時にも連絡が取れます。また、連絡を取るだけでなく、適確な指示を提示してくれます。

安否確認が出来るシステムでは、連絡が繋がりにくい状態でも連絡が取れるまで繰り返します。そのため、確実に社員の安否を知ることが可能です。また、連絡が取れた社員や取れない社員の状況をエクセル形式で作成することが出来るので、分かりやすく状況を確認することが出来ます。さらに、掲示板も設置しており管理者だけでなく、社員全員が観ることが可能なので、同僚の安否も簡単に確認できます。他にも家族が伝言を残せるサービスも提供していて、登録をしていない社員の家族の方でもメッセージを残すことが出来ます。このように、安否確認が出来るシステムは色々なサービスを提供しているので、多くの企業が登録しているシステムとなっています。